カテゴリ:△山歩き( 8 )

山は山でも、ビアマウント!

ひさびさに、お友達に誘われて、高尾山へ登りました!!
というか、ケーブルカーに乗って、『高尾ビアマウント』ヘ!

e0035469_2254946.jpg

ケ−ブルカ−に乗るのは久しぶり〜!高尾山も久しぶりだけどね。
凄い急勾配で、なかなか、スリリングです。
夏の夕暮れは、虫の音の共演。山の中の夏の騒々しさ、
これも、久々にあじわう感じですね〜〜。少々、うるさいけどね、

e0035469_22572962.jpg

ケーブルの改札の横にある、わき水。ひょうたんから出ています。
飲めるんですが、今回はスルーでした。
e0035469_225989.jpg

ケーブルの先頭、特等席です。

都心も暑かったけど、山は蒸し暑かった〜〜!少し雨も降りました。
でも、地上から、仕事帰りのオジサンたちが結構飲みに来ていたようです。

e0035469_2315283.jpg

夕暮れ、まだガスってますね。夜は地上は晴れてるせいか、
思ってたより、夜景がきれいでした。

また、元気になったら、歩きに行きたいですね〜〜!
[PR]
by e-ku-bo | 2009-07-30 23:03 | △山歩き

11/25<都民の森▲3>三頭山〜三頭大滝〜数馬の湯

★最初から読む『(1)▲三頭山(みとうさん)へ行く』
       『(2)▲ブナの路から三頭山頂をめざす』
======================================
(3)▲三頭大滝から、数馬の湯でほ〜っ⋯
======================================
三頭山頂にて、素晴らしい景色を堪能し、そこそこお腹も一杯になって、
寛ぐ頃・・・・


私達が、びっくり仰天の光景がありました。
ある山歩きのグループ・・・の1人の男性が、頂上へ上がって来て、
大きな声で、みんなに問いかける声。
『大滝へは、どうやったら行けますか〜〜?』

・・・なんで驚いたかと言うと、この人たちは、地図さえ持たずに山に入って来たのか?・・・という、無謀さに・・・。
しかも、1つのパーティとして、数人の仲間たちを引き連れているようなのです。
低い山かも知れないけど、なんて無責任で、危険なのか?山を舐めちゃイカンよ〜!
・・・そう思ったのでした。・・・それとも、私達の気が小さすぎるのか?


そんなことを話ながら、私達は次の場所に移動することに・・・
e0035469_2173153.jpg

↑<避難小屋>・・・こんな所にあるってことは、そんなことが起こりうる⋯ってことでしょうかね?中へは入りませんでしたが・・・


9月の台風の残した傷跡が、まだまだ、全面回復していなくて、
ムシカリ峠からブナの道を通って三頭大滝への近道が通れずに、そのまま
<深山の路>をぐるりと巡って<石山の路>へ入り、
ようやく、滝近く・・・・・
e0035469_785058.jpg

途中川を渡るところ、、、コレが、川??川の名残り??


そして、やっと辿り着きました〜〜!!
<三頭大滝>の滝見橋・・・結構長い橋?
e0035469_71054.jpg
e0035469_7102917.jpg
e0035469_7181330.jpg

残念ながら、紅葉も無くちょっと、殺風景でもありましたが、大滝と言うだけあって
滝つぼが、遥か底の方に小さ〜〜く見えてます。

・・・・と、ここで〜〜!
親子で来ていた人たちがいたんだけど、その子供達がドタバタドタバタ★★★
橋がガクガク・・揺れまくり〜〜〜〜!!勘弁してほしかったです。
危険だし、、、親は注意もしないし、、、うるさいし、揺れてこっちも怖いし。
コレで子どもが事故を起こしたら、この親達は、きっと自分達のせいでなく、
東京都のせいにするに、違いありません。

ちょっと、ムッとしながら、滝の鑑賞・・・落ち着かず・・・


なんとか、大滝を堪能した私達は、ラストの温泉に向けて歩きだしました。
そこからも、結構険しく、はるかに見渡す山、、だけど人里近いこと・・
e0035469_7385281.jpg


山から麓近くには、ウッドチップを敷き詰めたような遊歩道があり、
荒い山道を歩いた脚をホッとさせてくれました。
・・・とはいえ、途中のみちみち、(あ!ここはトレランによさそうだな〜)なんて
走ることも考えたりしてた私達、、逆に走りにくそう〜〜!なんて、言いたい放題!



e0035469_7431471.jpg

↑麓の方が、紅葉残ってました。なんで、頂上が枯れて、麓が残ってるのか?
と、あとで聞けば、他の地方もそうだったらしく、今年の残暑が厳しかったため
『夏枯れ』だったらしいのです。道理で、チリチリに葉っぱが縮んでた!


さて、やっと温泉『数馬の湯』に到着。あまりここは風情がありませんが⋯⋯
書き忘れてましたが、実は、都民の森のバス停から、数馬の湯の近くまでは
<無料バス>もあります。有料バスは、すぐ前まで行くのですが、無料バスは
ちょっとだけ歩きます。そうね・・・7分くらいかな〜〜??

e0035469_7463865.jpg

ここって・・・・昔は番小屋だったんだ〜〜〜〜!!!!

ちょっと歴史を感じる温泉です。。この日も風呂上がりに、、一杯グビッ⋯
お疲れさまでした〜〜!!

                               【完】
====================================
★最初から読む(1)▲三頭山(みとうさん)へ行く
[PR]
by e-ku-bo | 2007-12-13 21:09 | △山歩き

11/25<都民の森▲2>三頭山〜三頭大滝〜数馬の湯

★最初から読む『(1)▲三頭山(みとうさん)へ行く』
======================================
(2)▲ブナの路から三頭山頂へ
======================================
比較的緩やかな山道。ゆるゆると歩いていく。
今回は、私が先頭なので、ハッキリいってスピードが、遅いのでした。
だけど、先頭を歩く私は、ついつい、張り切ってしまって、微妙に早足に。
それでは、あとが続かない、というのに、モリモリ歩いてしまいます。

そういうのが、一番イケないんですよね、こういう山歩きのような場合。
気をつけないと、いけません。あまり急な山ではなくとも。


標高差は、余りないものの、なんといっても、頂上は<1531m>ある。
意外に、高いのです。見晴しも良いはず。
かなりの高さまで、たぶん1000m地点近くまでバスなので、気がついてない。


『森林館』と『木材工芸センター』をスルーして、まもなく『鞘口峠(サイグチトウゲ)=1142m』・・・・そこから、右折して、ブナの路を目指します。


驚いたのは・・・・・!!
e0035469_28266.jpg

          霜柱だ!
そういえば、この頃、数日前までは、ちょっと寒い日が続いてたんです。
それで、山の上、特に日陰は、こんな状態で、相当寒いと、想像できました。

でも、予想に反して日中は、暖かかったんですけどね。


予想に反して、といえば、ほんとは、紅葉が見られるのでは?と期待して
登っていったにも関わらず、残念ながら、全く見られず、
すっかり、枯れ果てた山だったんです。

・・・というより、そもそも、あまり紅葉樹が、少ない山だったのかもね〜?

=====================================

さて、最初の目安、『見晴し小屋』=1397mです。
e0035469_2163354.jpg

何故か、真っ黒に塗られた小屋??のような、、四阿のような・・・・。

そこから、さらに登っていって、そろそろ飽きて来た頃、
分かれ道に辿り着き、さ〜〜て、どっちの路だろう??
・・・と、迷っている時、Kちゃんの声が!


      「あ、富士山!」
e0035469_731673.jpg

↑ちょっと、拡大して撮ってみました〜〜〜!!
この日は、ほんとに素敵なばかりの、秋晴れで、、今までで一番!
と言って良いくらい。空が、澄んで・・・遠くに富士山がくっきり見えた!

わ〜〜〜い!嬉しいな〜〜〜!!!やっぱ良いよね〜!


しばし見とれていたのですが、頂上でも見られるはず、と気づき、
コレは早く登り切らなきゃ!と焦りつつ、2本ある路のどっちへいくべきか?
地図を見ても判断つかず、悩んでいると、目の前の路から、下りてくる男性発見!
さっそく、方向と時間を確認!!!丁寧に教えて下さってありがとうございました!

=====================================
e0035469_16142497.jpg

長く感じた路も、あと少しだ〜〜〜!!!頂上までの階段が、と・・遠い・・。
e0035469_16172552.jpg

そして、ついに辿り着いた〜〜〜!!って、そこは人で一杯でした!!
思ってたより、かなり狭いだけでなく、ブナの樹が立ち並ぶスペース、
地形も平ならず、そして、人人人・・・人

でも、眺めは最高〜〜〜!!
e0035469_7183370.jpg
e0035469_719482.jpg
↑頂上から、遠くに仰ぎ見る『富士山』。とてもくっきり!(上手く映ってないけど)
e0035469_7201812.jpg
↑別の方角には、『多摩湖』・・紅葉が綺麗そうでした。

====================================

さてさて、、お腹ぺこぺこの私達。
e0035469_1624051.jpg
e0035469_162447100.jpge0035469_1625119.jpg







私の影がかなり濃いでしょ?日射しも強かった、、いいお天気!
ベンチ確保中のKちゃんとお湯番のAちゃん。

Aちゃんは今日の日の為に、湯沸かし用のセットを購入して、暖かい<カップメン&コ−ヒー>を楽しみに登って来た私達(寒いに違いないと言う予想だったので)。周りの枯葉に用心しつつ(火事になったら大変!!)空間を空けて準備!


・・・ところが、ところが・・・・!!


う・・う〜〜〜〜〜ん・・・
む・・むむむ・・・?
だぁぁぁあ〜〜っ!!

固形燃料の火力が弱く、なかなか、お湯が湧かないと言う、予想外の展開に!!
せっかちな私達は、結局、コーヒー分だけ湧かして、カップメンは諦め、Kちゃん母の手づくりおにぎり1個づつがあったので、それで済ます羽目になりそうな・・・・と、思ったが!
ムフフフ・・・このことを予想してた訳ではないが、私めも、万が一の食料を差し出すことにした(実は、このあとの温泉で、一杯やる時にでも、おつまみに出そうと思っていたのだ)!!

魚肉ソーセージで、どうだ〜!?

いやはや、お役に立てて嬉しいです。




ところが〜〜〜〜〜!!ここで、Aちゃんに災難が降り掛かる・・・
e0035469_16422564.jpg

ソーセージを見て、良からぬ妄想で遊んでいたAちゃんのソレが、、、

ポテッ・・・・     ナ〜〜ム〜〜ゥ・・・

    
食料を大切にしましょう!!


さて、大切な教訓と共に、私達は、下山して次の目的地へ向かうのでした。
e0035469_1646236.jpg

『三頭大滝』ヘ・・・そして、温泉だぁ〜〜!!!

====================================
★このあとつづく『(3)▲三頭大滝から、数馬の湯でほ〜っ⋯』
[PR]
by e-ku-bo | 2007-12-09 03:01 | △山歩き

11/25<都民の森▲1>三頭山〜三頭大滝〜数馬の湯

======================================
(1)▲三頭山(みとうさん)へ行く
======================================
夏の山歩きの記録は・・・どんどん時間が経ったので、後回しにして、
直近の11/25(日)に歩いた、所の記録から、書いておこう〜!

いつもの山歩きメンバー『トホホの会』にて、秋晴れの1日、
いやはや、少し前まで、凄く寒かったのに、この日に限り、凄く暑いくらいの晴れ!
寒い寒いと、言う予想だったので、心配して重装備の用意だったのに拍子抜け〜。


『JR武蔵五日市』駅から、西東京バスで約1時間10分、
『数馬』の駅まで長い距離を揺られて、そこから中継している無料バスで
『檜原都民の森(ひのはらとみんのもり)』の入り口まで。

e0035469_20434828.jpg

さすがに、都民の森と銘打つだけあり、整備も行き届いてるようで、
入口前に、駐車場、そして、広い空きスペース、売店なんかも出ています。
e0035469_20462547.jpg

<とちの実売店>・・・・

外の売店でも、名産品が売られていると同時に、
名物だんご!〜が売られてました!

e0035469_2049980.jpg

これが、大きいお団子なんですよね〜〜〜!!
いやはや、、、朝早くて、すでに小腹空いてます〜〜!!堪らず、ゲット!
e0035469_20505341.jpg

普通の、<醤油ダレ>と<クルミ味噌ダレ>の2種類。
販売のオバサンのアピールで、美味しいと評判だよ〜〜っていわれて、クルミ味噌!!

おいし〜〜〜っ!!


いやはや、、お腹も満ちたりて、いよいよ、出発。
e0035469_21131761.jpg

登り口は川を挿んで、鋪装された道と、狭い階段道があり、私達は左の階段道から。

さて、、今日はどんな風景が待ち受けてるのやら?
このところ、全く運動不足・・・と全員がぼやきながら、、
本日は、私がこのパーティの先頭、リーダー役です。のんびりだ〜〜〜〜・・

======================================
→★つづく(2)▲ブナの路から三頭山頂をめざす
[PR]
by e-ku-bo | 2007-11-30 21:03 | △山歩き

御岳山〜日の出山<【4】番外編>

★最初から見る(<【1】御岳山編>クリック)
====================================
■その他にもこんな事が・・・■

はぁ〜〜・・・番外編書くのに、えらい時間経ってしまったわ。
ちょっと、いろいろ、、ま、いいかっ!

e0035469_16213059.jpg
●歩き初めのあたりから、古い株の樹が点在してる訳ですが、そうすると、道端ギリギリの所では、根っこの部分がむき出しになって、そうして、こんな風に<洞>になってるものが、たくさんあるんですね。ちょっと雨宿りできそうなくらいです。


e0035469_1613501.jpg●実は道中にはこんな風に色んな名前の付いた場所があり、それぞれネーミングが面白いんです。もちろん、それなりに昔昔の歴史を物語る由来があるみたいで・・・それを思い馳せるとさらに楽しい道行きとなりますよ。




e0035469_1615453.jpg
●これは、どうやら、関東の山歩きするのに、距離表示がしてあるようで、目的地までどのくらいか、今まで、どのくらい歩いて来たか、が、パッと見た目でわかるように工夫されています。これを目安に、ア〜〜〜あと少し〜〜〜!ホェ〜〜ッ、随分歩いたもんだ〜!とか、つぶやくもんです。


e0035469_16184535.jpg
●何故か、ほんと唐突に、こんな立て札を見つけました。ここだけ、個人所有なのか??ここだけ、山野草が密集してるのか?あるいは、悪徳違法採集業者が暗躍する秘密の場所なのか?・・・私の印象では、ここで自炊してる人がいるのかもね?という、想像をしてしまいました。(苦笑・・・まさかね?)


===================================

e0035469_16274711.jpg
e0035469_16282040.jpg
●トラノオとギボウシかな〜〜〜??

他にもいろんな植物があったけど、歩くのに必死で、撮れなかった・・・。
[PR]
by e-ku-bo | 2007-11-15 16:30 | △山歩き

御岳山〜日の出山<【3】つるつる温泉編>

★最初から見る(<【1】御岳山編>クリック)
===================================
■生涯青春の湯“つるつる温泉"■

日の出山山頂から、アフター・ウォーキングの楽しみ、【つるつる温泉】へ、
下っていくことにしました。


e0035469_17322177.jpg

【顎掛岩】 ヤマトタケルの見渡した景色を想像するけど、昔はこんなに草木がボウボウと生えてはいなかったんでしょうね?
今のままでは見渡す事ができませんから。

e0035469_17293229.jpg

↑目指すのは、ここ!! 手描き看板に心惹かれますね。美人になるぞ〜〜〜〜!


ところが、別の場所にあった看板に・・・苦笑・・・プッフッフ・・・
悪戯したのは、だれだ〜〜〜〜〜〜〜!?
e0035469_182818.jpg



さて、温泉までの道のりも実は結構長かったんですね。1時間半くらい。
途中から、道が、新旧道に分かれていて、Aちゃんの計画では、歩きやすく整備された道をいくはずが、どういうわけか、<旧道>に入り込んでいたんです!
薄暗く、ちょっと、急勾配の道を下っていくコース。
e0035469_17592149.jpg

でも、結果的には、このコースの方が面白かったんですね〜〜〜!
ちょっとドキドキしましたが、狭い道を下りてみると、三ッ沢分岐地点で、新道と合流。振り返ってみて、(こんな所からでて来たか!)と妙に感動・・。
e0035469_1805367.jpg


ここから、鋪装された道路、川沿いを歩くのですが、小さな滝もある川です。
e0035469_1834624.jpg

どこまでも、山の中ですけど、
    お〜〜!!アレだ!目指す温泉!
e0035469_1851249.jpg



   ふぅ〜〜♪イイお湯でした!!


帰りは、名物<青バス>に乗って〜〜〜♪♪
e0035469_1811077.jpg


====================================
このあと、番外編へつづく・・・のだ!
[PR]
by e-ku-bo | 2007-10-27 18:13 | △山歩き

御岳山〜日の出山<【2】日の出山 >

★最初から読む(<【1】御岳山>クリック)
=====================================
■日の出山(902m)■


御岳山から、また長い階段を下り、来た時に見上げた、<神代ケヤキ>の所まで戻ると、三叉路の分岐点にやってきます。そこから、私達は、次の目的地<日の出山>へ向かう事にしました。

さっきまでの道と違って、うっそうとした、杉林・・・狭い道を歩いていくと

デデ〜〜〜〜ン!!

e0035469_20523771.jpg

巨大な落石が!!道のど真ん中を塞ぐように落っこちてました!!
これも、この間の悪天候のせいなのか?私達はびっくり!他にもあるのかしら?
・・ちょっと、ドキドキしつつ、歩きました。

e0035469_20544675.jpg

かなり歩いてやっと到着。見晴しの良いところにでました!ほかのハイキング客で一杯でしたけどね〜。ふと見ると、御岳神社の所で、お目にかかった2人もさきに来ています。実は、その2人のうちの男性に、私達は、ちょっと、戴きものしてました。温泉の割引券。(駅で配付してるパンフに付いてる分でしたが)・・・だけど、特にごあいさつもせず・・・。

e0035469_2112614.jpg

後ろを振り返ると、今さっき登った、御岳山が!その頂上に御岳神社がちょこんと鎮座ましましています。
『日の出山』が、なんで、そういう名前なのかしら?ふと疑問が湧いた私達。その風景と、地図のプレートをみて、納得!
e0035469_2134892.jpg

そう、ちょうど、御岳山から見て、陽の登る位置関係にある山。。


そのまんまやん!(≧∇≦”)

====================================
★続きを見る(<【3】つるつる温泉編>クリック)
[PR]
by e-ku-bo | 2007-10-13 21:06 | △山歩き

御岳山〜日の出山<【1】御岳山編>

=====================================
【7月16日(月・祝)】

久しぶりに山を歩く事にしました。

ウォ−キング友Aちゃんと、ラン友Kちゃんの3人で、行って来ました!
実はウォーキングはしても、1人では何かと不安で、案外<山>までは行く事がなかったのですが、今回、山行好きのAちゃんに加え、ラン友Kちゃんが一緒なのは、来年、フルマラソンにデビューするぞ〜〜!という意欲満々、それと、練習不足で不安⋯という気持ちから、トレーニングの一環として、<山歩き>を、取り入れる事にした次第。

今回は、手始めに・・・のわりにいきなり、【御岳山〜日の出山コース】
1000m弱。初心者向けといいながらも、日頃、歩きなれないモノには、ちょっと、わずかに、荷物の準備もさながら、心の準備も必要ではありました。

でも、コースメニューと、リードはいつもながらAちゃんにおまかせで、まな板の上の鯉!・・ぐらいな気持ち(大袈裟か?)Kちゃんも、実は、初めての山歩き経験。私は、初めてではないものの久々で、ドキドキ・・・。



JR青梅線『御岳山(みたけさん)』駅まで、“ホリデーおくたま”に乗って出発。
いきなりちょっと、遅刻の私・・・ま、いつもながら・・・すみません。

=====================================
■御岳山(929m)■−みたけさん−

e0035469_20424815.jpg

ケーブルに乗らず、下からスタート。
大きな鳥居・・・ん?ランナ−が、何人か走り抜けていく。最近のトレランブームのせいらしい。確か、どこかにの大会が近い時期で、練習に走る人が多いと言う噂は聞いてたが、やっぱり、多かった!びっくり!

e0035469_735115.jpg

あの日の数日前に、大雨で、なにかあるかも知れないと思っていたが、ヒジターセンター前の掲示板で、当初、歩くコースに予定してた<ロックガーデン>は増水の為、危険と、あって、中止。

e0035469_7362874.jpg

道中に茅葺きの屋根の建物、茅葺きって、迫力アルな〜〜〜と、いつも思う。

e0035469_7372742.jpg

頂上の手前、三叉路になにげなく、すっくとたっている<神代ケヤキ>。
とても立派!!・・でも、思っていたより、小柄??・・でもさすがに歴史を感じる。トトロの森にでてくる樹を皆で思い出した!!

e0035469_7381748.jpg

そして、階段をヒ〜〜コラいいつつ、登っていって、やっと到着!!御岳山頂上!
そして、そこに鎮座まします<武蔵御岳神社>(タケの字はほんとは難しい漢字なんだけどね、省略!)

これはすご〜〜い!歴史を感じるたたずまいだけど、この艶やかな装飾!!日光東照宮を思い出したが、こちらの方が落ち着いた鮮やかさか?(でも、もしや、最近塗り直されたのかも・・と、勝手に想像・・・ほんとはどっち?)


e0035469_739648.jpg

振り返れば、、なんとも素晴らしい景色。しかも、この狛犬を見よ!!今までみたことないような、凛々しい狛犬である!!ちょっと、かっこいい!!気に入ってしまった。


私達は、ゴニョゴニョと、それぞれ祈りを済まし、また、なが〜〜い階段を下りて、次の目的地、『日の出山』へ向かう事にする・・・。まだまだ〜〜続く!

=====================================
★次を読む(<【2】日の出山>クリック)
[PR]
by e-ku-bo | 2007-10-12 20:45 | △山歩き